SINGAPORE AIRLINES

シンガポール航空A380 いよいよ5月20日、東京へ就航!

シンガポール航空 エアバスA380を5月20日から東京路線に就航

シンガポール航空は、2008年5月20日から、総2階建て大型航空機エアバスA380 をシンガポール−東京路線に就航いたします。
シンガポール航空は、世界に先駆けて2007年10月25日よりシドニー路線にA380を就航しており、3月18日からロンドン路線へ就航いたします。東京は世界で第3番目の就航都市として、シンガポール航空が日本に初めてA380を就航する航空会社となります。
東京へのA380就航便は、成田国際空港開港30周年の記念日に合わせて特別に便名をSQ636便とし、シンガポール・チャンギ空港を5月20日午前0時40分に出発、東京・成田空港に午前8時30分に到着する予定です(すべて現地時間)。
その後、2008年5月21日東京着のSQ638便、同日東京発のSQ637便からデイリーで定期運航いたします。
なお、A380の日本就航に先駆けて、2008年4月15日から21日まで、シンガポール航空A380の最新機内設備をakasaka Sacas(赤坂サカス)にて一般公開する予定です。
シンガポール航空マーケティング兼地域担当エグゼクティブ・バイス・ プレジデントのファン・チェン・エンは、「東京へのA380の就航開始は、日本就航40周年を迎えるシンガポール航空にとって記念すべき出来事です。最新の機内設備を搭載したA380をいち早く日本路線に導入し、日本のお客様に世界最高レベルの快適な空の旅と優れたサービスをご提供できることをうれしく思います」と述べています。
また、シンガポール航空日本支社長のフィリップ・ゴーは、「世界で注目を集める最新機材A380がいよいよ日本へ就航し、日本のお客様にとってこれまで以上に優れたサービスへの新たな指標となるでしょう。」と述べています。
シンガポール航空のA380は3クラス制の客席仕様で、総座席数は471席です。各クラスの座席数は、ファーストクラスを上回るクラスとして新設されるシンガポール航空スイート12席(1階席)、ビジネスクラス60席(2階席)、エコノミークラス399席(1、2階席)となります。新しい機内設備の導入により、シンガポール航空をご利用のお客様にこれまで以上の快適さ、ゆったりとしたスペース、そして豪華な空間をご提供いたします。
3クラス全てでお楽しみいただける機内エンターテインメントシステム「KrisWorld(クリスワールド)」は、1,000以上のプログラムとビジネスツールとして活用できるオフィス・アプリケーションなど充実した内容を提供しています。

シンガポール−東京 A380運航スケジュール

A380シンガポール―東京路線 就航便運航スケジュール (認可申請中)
便名 運航日 出発時刻 到着時刻
SQ636 シンガポール発 東京着 2008年5月20日 00:40 08:30
SQ637 東京発 シンガポール着 2008年5月20日 13:00 19:05
A380シンガポール―東京路線 2008夏期スケジュール
便名 運航日 出発時刻 到着時刻
SQ638 シンガポール発 東京着 毎日運航
2008年5月20日以降
23:40 翌日07:30
SQ637 東京発 シンガポール着 毎日運航
2008年5月21日以降
11:30 17:35

機内設備一覧

設備 シンガポール航空スイート ビジネスクラス エコノミークラス
座席数 12 60 399
座席配置 1-2-1 1-2-1 3-4-3(1階席)
2-4-2(2階席)
座席長 205センチメートル
81インチ
140センチメートル
55インチ
81.5センチメートル
32インチ
座席幅 58センチメートル
23インチ
(ひじ掛け利用時)

90センチメートル
35インチ
(ひじ掛け収納時)
87センチメートル
34インチ
48センチメートル
19インチ
座席リクライニング傾斜 130度/
座席とは別途フルフラットベッドを装備
130度/
ベッド使用時は
180度フルフラット
115度
ベッド幅 69センチメートル
27インチ
87センチメートル
34インチ
-
ベッド長さ 198センチメートル
78インチ
193センチメートル
76インチ
-
モニタースクリーンサイズ 23インチ 15.4インチ 10.6インチ
AC電源 全座席 全座席 2/3席
USBポート 全座席 全座席 全座席
ビデオ AUXポート 全座席 全座席 全座席