さあ、オーストラリアへ。快適なシンガポール航空で。

緑豊かな川沿いに広がるオーストラリア第三の都市、ブリスベン

サウス・バンクの緑豊かな川沿いのガーデンでのんびりした後は、マーケットを散策し、ラグーンでのスイミングを楽しみましょう。
ブリスベン植物園ではサイクリング、カンガルー・ポイントではアブセイリングに挑戦。
活気あるバリンバやニュー・ファームなどの都市中心部へは、立派なパドルスティーマー(外輪船)でゆっくりと川を下ったり、高速フェリーで行くこともできます。

コラムはこちら

モデルプラン

ブリスベン川のほとりにある陽光にあふれ、洗練された州都ブリスベンで、最高の休日を楽しみましょう。この街の特長は緑あふれる公園やのんびりした地元の人たちだけではありません。最上級のワインや料理、ダンスなど、文化度の高さは本物です。クイーン・ストリートで亜熱帯の心地いいムードの中でショッピングを楽しんだら、市内に残る歴史的建築物を見にいきましょう。サウス・バンクの砂でできたラグーンのほとりで食事を楽しみ、美しい外観の倉庫群を見てまわってください。ローンパイン・コアラサンクチュアリーからクルーズでのんびりと川を下りながら、ブリスベンの代表的な建物を眺めましょう。フォーティテュード・バレーでライブ音楽を聴き、モートン島で砂の上の冒険を楽しんで、日常を忘れましょう。

1日目

文化探索とリバー・クルーズ

趣味のよい古い建物や高層ビルの摩天楼、芝生の広がる自然豊かな公園が交差するブリスベンの中心街から旅を始めます。
市内のショッピングの中心地、クイーン・ストリートモールの古いアーケードや500軒以上の店を見てまわりましょう。華麗な旧財務省ビルを見に行ったり、ブリスベン・シティ・ホールに行ってこの街の歴史について学んだり、ブリスベン博物館の塔に登って街を一望することもできます。
市立植物園でエキゾチックな亜熱帯の植物を見学したあと、フェリーに乗ってサウス・バンクまで行き、川沿いのレストランでランチを楽しんだり、ガーデンでピクニックを楽しんだりしてください。ラグーンでひと泳ぎしたり、クイーンズランド・カルチャー・センターでひと時を過すこともできます。
暗くなるのを待って観覧車に乗り、市街のすばらしい夜景を楽しむのもいいでしょう。あるいは盛装してクイーンズランド・パフォーミング・アート・センターに評判のミュージカルや話題の最新演劇や、オペラ、オーケストラの演奏、バレエの公演などを見に行くという過ごし方もあります。

2日目

フォーティテュード・バレーと公園

まずフォーティテュード・バレーに向かいます。地元の人々が「バレー」と呼ぶこの地域は、ファンキーなバー、トレンディーなレストラン、南半球で最もホットなライブ音楽が楽しめる場所のひとつです。ブランズウィック・モールの並木を眺めながらオープンエアのレストランで朝食をとり、その後でおしゃれなブティックを見てまわり、地元デザイナーの服をチェックし、週末のマーケットをひやかしましょう。
近くのニュー・ファームでは、ニュー・ファーム公園の木陰の芝生でくつろいだり、かつての発電所を改装してつくられたパワーハウスのアート・センターを見て歩くこともできます。クルーズで川を走り、多数のペリカンが並ぶブレット・ワーフや、歴史のあるブリンバで降りてランチを楽しんでください。
市内からバスに乗ってマウント・クーサ展望台へ行けば、ブリスベン市街からモートン湾、さらにグラスハウス・マウンテンまでが見渡せます。自然に囲まれた保護区を散策した後は、山のふもとにあるブリスベン植物園の多雨林を見学。
夜はフォーティテュード・バレーに戻り、ここで人気のナイトライフを満喫しましょう。チャイナタウンで食事をしてからライブ演奏を聴きに行ったり、エレガントなタイプから流行の最先端スポットまで、さまざまなバーやクラブをめぐることもできます。

3日目

モートン島

バスあるいは高速のカタマラン船に乗ってモートン島へ。
ここは世界で3番目に大きな砂の島で、その大部分が国立公園に指定されています。
ウォーキング・コースが多数あるので、ビーチやキラキラと輝くラグーン、岩で覆われた岬を見て歩きましょう。ブルー・ラグーンやハニーイーター・レイクまでトレッキングをすれば、海水浴を楽しんだり、水鳥の群れの観察などが体験できます。また、モートン岬までハイキングをして1857年に島の砂岩で建てられた州内初の灯台を見学するのも興味深いものです。
6月から10月にかけては、回遊してくるクジラを眺めるホエール・ウォッチングも可能。フリンダース・リーフで何百種ものサンゴを眺めながらシュノーケリングをしたり、錆ついたタンガルーマの沈没船に潜ってニシキベラを眺めたり。マウント・テンペストでトボガン(そりの一種)に乗って世界最大の砂丘を滑り降りたり、島内各地をめぐる4輪バイクのツアーに参加することもできます。
そして、毎晩タンガルーマ・ビーチまで泳いでくる野生のバンドウ・イルカに餌付けをした後は、多数あるキャンプ場のどこかで、星空を眺めながら眠りにつきます。あるいは日帰りでブリスベンに戻り、各国の人々が集まるウェスト・エンドで食事を楽しむことだってできます。

コラム

ブリスベンからフェリーで約75分。モートン島には海岸近くにあるものとしては世界最大の砂丘があり、トボガン(小型のそり)やサンドバギーを使った砂丘すべりが人気です。
島内のリゾート「タンガルーマ・ワイルド・ドルフィン・リゾート」にほど近い浅瀬は、野生のイルカが毎晩遊びに来ることでも知られています。リゾートにはイルカの餌付けプログラムがあり、イルカの自然の本能と独立性を守るよう設定されたガイドラインに沿って、スタッフ立ち合いのもと餌付け体験を行うことができます。また、年間を通してジュゴンを見ることもできます。
6月下旬から10月にはザトウクジラを見る、ホエール・ウォッチングツアーも楽しめます。リゾート発のツアーは、海洋生物&環境リサーチセンターで、海洋環境学に基づいて組み立てられています。
またリゾート内近海の難破船の周りを潜ると色とりどりの魚、エビやカニ、ウミガメとの遭遇も。彼らと一緒にサンゴ礁の海でスキューバダイビングをたのしみましょう。

空席・運賃の検索

出発地: 往路出発日:    大人:   子供:
目的地: 復路出発日:    ご利用クラス: